私は生まれつき肌が色白です。 それを褒めてもらえるのが嬉しくて小さい頃から日焼けには敏感でした。 かと言って学生のうちは日に当たることの方が多かったので人より少し白いかなくらいでした。 一人暮らしを始めて仕事を始めると日に当たる生活をしなくなりました。 ますます色白に磨きがかかり色んな人に色白で羨ましいと言われることが増えてきました。 どうしたらそんなに白くなるのと聞かれても日に当たってないのだから焼けることはありません。 生まれつきなこともあって特に何もしてないよというと少しだけ反感をくらいます。 数年が経ってから転職することになりました。 前の仕事はハードだったこともあり休みの日ですら家でグータラしていました。 転職すると時間に余裕ができて昼間から外を出歩くようになりました。 今まで不摂生な生活をしてきたこともあったため久々の日光に照らされた肌は悲鳴をあげていました。 例えるなら海の砂浜でビキニ姿で日焼けするあの感覚です。 最寄りのコンビニに行くだけでも肌が痛くて痛くて仕方ない。 日焼け止めを買っても痛さは変わりませんでした。 人間はちゃんと日の光を浴びなきゃいけないんだなと痛感しました。 特に顔の痛みはすさまじかったです。 帽子をかぶったり長袖のものを着たりと対策をしても痛くて痛くて。 これじゃ外に出れないと思った私はまずは少しずつ太陽に皮膚を慣れさせました。 周りに少し焼けたねと言われるくらいには人並みの色になったと思います。 それでもすぐに肌が荒れたりしたので全身に使えるボディローションや良い匂いのハンドクリームなど買い込みました。 今までスキンケアに興味がなかった私ですが友人からおすすめされたものをとりあえず買いました。 元々手荒れがあったのですが人生初のハンドクリームで感動しました。 赤みがなくなり逆剥けがあったとは思えないほど手が綺麗になっていました。 ボディローションはお風呂上がりに届く範囲で身体中に塗り込みました。 日焼けをして少し乾燥していた肌に潤いが戻ってきました。 私は日焼け予防ではなく日焼けした後や日頃の保湿を大切にするようにしました。 今でも肌が白いねと言われますが昔ほどではありません。 それでもあの痛みとはおさらばしました。 今は外を歩くのが楽しいです。 美意識向上のためならコチラ!

私は生まれつき肌が色白です。 それを褒めてもらえるのが嬉しくて小さい頃から日焼けには敏感でした。 かと言って学生のうちは日に当たることの方が多かったので人より少し白いかなくらいでした。 一人暮らしを始めて仕事を始めると日 […]